Recently active topics

410 Posts

Rule EngineのJoin TypeについてTutorial

 Rule Engineを初めてお使いになるユーザーさんから「Rule Engineが難しい!」という声をよく聞きます。Rule Engine自体はUI上で設定できるのでSQLを書く必要はありません。しかし、Rule Engine でマージ(結合)タスクを設定する際にJoin Typeを選択しますが、「そもそもどのJoin Typeを選べばいいのかわからない!何が違うの?😥」という方が多いようです。 そこで今回はRule Engineでマージ(結合)タスク設定の際に出てくるJoin Typeについてご紹介いたします。 GainsightのJoin TypeについてSQLのJOIN 句は、共通する項目に基づいて、2 つ以上のテーブルの行を結合するために使用されます。Gainsight でサポートされている結合には、内部結合(INNER JOIN) 左外部結合(LEFT OUTER JOIN / LEFT JOIN) 右外部結合(RIGHT OUTER JOIN / RIGHT JOIN) 外部結合(FULL OUTER JOIN / OUTER JOIN)の 4 種類があります。各JOINタイプを図で見てみましょう。  内部結合:両方のテーブルに存在するレコード(行)のみを取り出して結合 左外部結合:1つ目のテーブル(左)に存在するレコード(行)を全て取り出して結合 右外部結合:2つ目のテーブル(右)に存在するレコード(行)を全て取り出して結合 外部結合(完全外部結合):1つ目のテーブルまたは2つ目のテーブルにあるレコード(行)を全て取り出して結合 GainsightのRule Engineでマージタスクを設定する際は、下記4つのJoin Typeから選択します。Retain common records from both datasets(内部結合) Retain all records from left dataset(左外部結合) Retain all records from right dataset(右外部結合) Retain all records from both datasets(外部結合)Gainsight UI上ではこのように表記されています。 マージ(結合)が必要になるのはどんな時?では、そもそもどのような時にマージが必要になるのか?ご

Welcome back